外資系 住宅ローン

外資系 の特徴

外資系金融機関 の商品は外資系の強みを生かして従来の日本の常識にとらわれない柔軟な審査や商品構成で多くの人に支持されています。数多くの商品が細かくラインアップされています。今まで日本の金融機関の審査基準ではなかなか審査が通らなかった自営業や外国人の方、転職・就職したばかりの方、派遣・契約社員の方向けにも数多くの商品が用意されているのです。また金利ミックスローンなど外資系のノウハウを生かした【人を見る】柔軟な審査で今まで借りることが難しかった職業の方でも借り入れが可能になったのです。

もっと詳しく知りたい人は>>その他の住宅ローンはこちら
>>フラット35詳細はこちら

自営業の方でも借りられる「起業家・自営業応援プラン」

自営業者だと住宅ローンを借りるのは難しい、以前からよくそういわれています。実際サラリーマンの方と比べると審査のハードルが高くなるのは事実です。従来、日本の金融機関の審査基準は、安定を重視してきました。「安定した収入があること」という点において自営業者は収入が定まらず不利になるのです。は外資系ならではの独自の返済能力を評価する審査方法により独立して働いている、自ら開業してがんばっているあなたのマイホーム計画を応援しています。

就業形態にとらわれない、派遣・契約社員の方向けローン

高いスキルを活かして派遣・契約社員として働いている方々も、日本のローン審査の常識では安定性という面でマイナスされてきました。派遣社員・契約社員では借り入れは不可能だろうとあきらめていた方もいらっしゃるかもしれません。就業形態にとらわれない総合的な審査で派遣・契約社員の方が積極的なサポートを受けられます。また実際にのウェブサイトで住宅ローンを組まれた派遣・契約社員の方の事例集がありますので是非参考にしてみてください。

就職・転職したばかりの方の向け住宅ローン

安定した収入ということが第一の条件になる日本の金融機関の審査基準では、転職したばかりの方、新卒で就職したばかりの方、特に転職して3年以内はやはり審査が通りにくいという現実があります。しっかりとした職歴が10年以上あるのに、キャリアアップのために転職したのが2年前だから融資されないという事も考えられます。しかし外資系の会社なら、あなたのキャリアが一貫しているか、どのようなスキルを身につけているかということで判断し審査を行います。就職後すぐのかた、転職して3年以内の方には外資系がおすすめです。

外国の方向け住宅ローン

現在、日本での住宅購入を希望する外国人の方のニーズが増え続けています。今では外国の方が日本で住宅を購入したいという時に借り入れすることも可能になってきました。以前は永住権を持っていることがまず必要でしたが、このごろでは一定の条件を満たせば永住権がなくてもハードルは高いですが、住宅ローンを組むことが可能になってきています。外国の方向け住宅ローンは日本に居住し永住権を持っている方、または日本語または英語でコミュニケーションが取れる方など外国籍の方でも利用できるものが用意されています。

手数料・金利・総支払額が業界最低水準のフラット35

フラット35は長期固定金利で民間金融機関の通常よりも金利が低いということでとても人気のある商品です。フラット35は金利と手数料が取り扱い金融機関によって違うという特徴があります。しかもその違いは返済が長期にわたるものですから最終的には数百万円にもなるほど大きく異なっているのです。フラット35は取り扱い337の金融機関中でも最低の水準の事務手数料と金利が大きな魅力です。フラット35はどこで借りても金利と手数料以外にはほとんど違いがありませんから、金利と手数料の安いのフラット35を選ぶのは当然のことですよね。

もっと詳しく知りたい人は>>フラット35詳細はこちら

日本の銀行でおすすめなのはコチラ

三菱東京UFJ銀行住宅ローン!審査厳しい?【借り換えも人気】
やっぱり日本の銀行で借りる方が安心という方には、三菱東京UFJ銀行住宅ローンがおすすめです!なんと言っても、ネットバンクと同じくらい低金利なのが魅力です。また、繰り上げ返済や金利タイプの変更をネットでいつでも行うことができます。審査も他の銀行より特別厳しくありませんので、ぜひご検討ください。
www.bank-homeloan-shinsa.com/

ページメニュー